Back to the top

アレキサンダー・ジラード

alt

1907年、ニューヨークで生まれたアレキサンダー・ジラード (Alexander Girard) は、親交の深かったチャールズ&レイ・イームズジョージ・ネルソンとともにアメリカを中心としたミッドセンチュリーのデザイン界を牽引した人物の一人です。

彼が手掛けた数多くの作品の中でも、ジラードが最も関心を寄せていたのはテキスタイルデザインで、明るく鮮やかな色彩の抽象的な幾何学模様を多数デザインしました。彼が表現する生き生きとしたパターンは、現代においても新鮮で、デザイン史に残る重要なデザインのひとつとなっています。

建築を学んでいたジラードは、家具、展示、インテリアデザイン、グラフィックなど幅広い分野において活躍し、賞賛を浴びました。デザイナーであると同時に、彼は世界で最も重要な民芸品収集家のひとりでもありました。数ある旅の中でジラードが集めた民芸品とテキスタイルは、彼の豊かなインスピレーションの源でした。ヴィトラの創業者の息子、ロルフ・フェルバウムが、アレキサンダー・ジラードとその妻スーザンに会うために、サンタフェのジラード自邸を初めて訪れた際、その素晴らしさに深く感銘を受け、「私が今まで見たアメリカの家の中で、最も魅力的な家である」と両親への手紙にも記しています。

1993年、アレキサンダー・ジラードの没後、ジラードファミリーは、何百もの図面、プロトタイプ、サンプルを含む膨大なアーカイヴをヴィトラデザインミュージアムに寄贈し、2016年から2017年には、ヴィトラデザインミュージアムで、展示会「アレキサンダー・ジラード:デザイナーズ ユニバース」が開催されました。

ヴィトラは、数年に渡り、アレキサンダー・ジラード作品の復刻に力を注いできました。 ヴィトラがこれまで復刻したジラードコレクションには、「ウッデン ドール」をはじめ、日々の暮らしを鮮やかに彩る遊び心が詰まった、ウォールレリーフなど、さまざまなオブジェ、そして個性的なパターンを用いたテキスタイルや小物が含まれています。


Images: © Eames Office, LLC; Alexander Girard Estate; © Herman Miller, Inc.; © Vitra Design Museum