アントニオ・チッテリオ

alt

アントニオ・チッテリオ (Antonio Citterio) は、1950年にイタリアのメダという都市で生まれました。 自身のスタジオを1972年に設立し、その3年後、ミラノ工科大学で建築学を修了。 1987年から1996年にかけて、テリー・ドーンと協力して、ヨーロッパと日本で数々の建築物を手掛けました。 2000年、チッテリオとパトリシア・ヴィエルは、建築、デザイン、グラフィック全般を手掛けるAntonio Citterio and Partnersを設立、住宅や商業施設、公共建築、オフィスやショールーム、ホテルのインテリアデザインなどのプロジェクトを主に手掛けています。 また、グラフィックデザインやコンセプトを含めた企業向けのコーポレートアイデンティティの設計も行っています。 Antonio Citterio and Partnersは、2009年にAntonio Citterio Patricia Viel and Partnersと名称を変更し、現在も活動しています。

また、彼は、ヴィトラだけでなく、Ansorg、Arclinea、Axor / Hansgrohe、B&B Italia、Flexform、Flos、Fusital、Hermès、Iittala、Kartell、Maxalto、Sanitec Group、Technogymなど、企業と協働しています。 彼は1987年と1995年にデザイン界において権威のある、コンパッソ・ドーロを含む数々の賞を受賞しています。 また、2006年からイタリアのメンドリシオにあるUniversitàdella Svizzera Italiana建築学部の教授を務めています。 2008年にはRoyal Society for Arts、Manufactures&CommerceよりRoyal Designer for Industryの称号も授与されています。