Back to the top

クリストフ・インゲンホーフェン

alt

1960年、ドイツのデュッセルドルフ生まれのクリストフ・インゲンホーフェン (Christoph Ingenhoven) は、Rheinisch Westfälische Technische Hochschule Aachenと、デュッセルドルフのKunstakademieで建築を勉強しました。

1985年には、デュッセルドルフに建築事務所Ingenhoven Architektenを設立、デザイナーとしての仕事に加えて、コンサルタント、多くのコンテストの審査員などもこなしながら、現在も世界中の多くの都市で講演を行っています。 彼はArchitektenkammer Nordrhein-Westfalen、BDA、RIBAのメンバーであり、数多くの企業や団体、Aedes Forum e.V., Berlin; Stiftung Lebendige Stadt, Hamburg, International Architecture Biennial, Rotterdam; Initiative Baukultur e.V., Berlinなどと協働しています。