Back to the top

ハンス・コレー

alt

スイス出身のハンス・コレー (Hans Coray)は、チューリッヒの大学でロマンシュ語の博士号を取得しました。1930年代には独学で金属とワイヤーの加工に取り組み始め、その技術を家具、工業製品、彫刻に応用しました。彼はダダイズムのアーティストや、チューリッヒのコンクリート アート運動に参加していたマックス・ビル、ベレナ・ローウェンスバーグ、ハンス・フィシュリらと密接な関係を築いていました。

1938年の夏、バウハウスで学んだハンス・フィシュリは、1939年に行われるスイス国際博覧会(Schweizer Landesausstellung)のため、今までにないチェアの開発をコレーに打診し、彼はすぐに、スタッキング可能なアルミ製チェアのプロトタイプを2種類開発しました。この時コレーが目指したのは、魅力的なデザインと抜群の快適性を備えた、軽量で優雅なチェアを作ることでした。「ランディ チェア」はハンス・コレーによる初めての量産チェアとして、デザイン史に残る傑作となりました。その後、コレーは、1950年代まで家具を作り続け、晩年は絵画と彫刻の制作に没頭し、その生涯を終えました。