Resting Bear 3x_web_sub_hero

Resting Bear / レスティング ベア

Front, 2018
「レスティング アニマル」は、ストックホルムを拠点として活躍するデザインユニット、フロント(Front)が実施した、オブジェが人に与える影響や関係性について調査するプロジェクトをもとに生み出されました。シリーズの中で、最も大きい熊を象った「レスティング ベア」は、ニット性のカバーを纏ったやわらかい体にもたれくつろいだり、スツールやオットマンとしても使うことができます。すやすやと平和に眠る動物達を眺めることで、私達の暮らしと人生に心安らぐ時間を与えてくれます。
¥ 135,300.00
インフォメーション
Cover fabric (Resting Bear)
プロダクトファミリー
Resting Animals / レスティング アニマル
「レスティング アニマル」は、ストックホルムを拠点として活躍するデザインユニット、フロント(Front)が実施した、オブジェが人に与える影響や関係性について調査するプロジェクトをもとに生み出されました。
デザイナー紹介
フロント
スウェーデン出身のソフィア・ラーゲルクヴィスト(Sofia Lagerkvist)とアンナ・リンドグレン(Anna Lindgren)は、2004年にストックホルムでデザインスタジオ、フロント(Front)を設立しました。彼女たちは絶えず疑問を投げ掛けるデザインプロセスで知られており、その探究心で世界の名立たるデザインブランドと共に仕事をしており、パリのGalerieKreoやニューヨークのFriedmanBendaで紹介されています。また、彼らの作品はドイツのVitra Design Museumや、ニューヨークのMoMA、ロンドンのVictoria&Albert Museumなど名だたる美術館のコレクションの仲間入りをしています。