Back to the top

Visiona Stool

Verner Panton, 1970/2012

alt
Verner Panton designed the Visiona Stool as part of the interior installation created in 1970 for his legendary Visiona exhibition in Cologne. Available in a large palette of colours, the lightweight, comfortable stool has an unobtrusive geometric shape that can still be combined with a wide range of furnishings today.
Configurator
This product was designed by
ヴァーナー・パントン
デンマーク人デザイナー、ヴァーナー・パントン (Verner Panton) は、1960年代から70年代にかけ、デザイン界を牽引した重要人物の1人です。 1960年初頭にスイスに移住した後、家具、照明、テキスタイルにおける、独創的で斬新なデザイナーとして世に知られるようになりました。 巧みな色使いは彼の作品の特徴です。
Learn more