Back to the top

デザインは構造から自ずと導かれる

Standard
The story of a Vitra original

フランスのデザイナーであり建築家、そしてエンジニアでもあったジャン・プルーヴェが、「スタンダード チェア」をデザインしたのは、1934年のことでした。スタンダードチェアのデザインからは、ものづくりにおいて構造に重きをおく、彼の建築や家具デザインにまで貫かれる哲学が感じられます。

人が椅子に座った時、椅子の脚にかかる重さは一定ではありません。前脚よりも後脚に、より大きな重さがかかります。当たり前のように思えることですが、この事実に合わせてデザインされている椅子は、実はほとんどありません。スタンダードチェアは、かかる重さが比較的軽い前脚には細い鋼のチューブを使い、より大きな重さがかかる後脚には、太さをもたせた中空の鋼板を使っています。前脚の細いチューブは座面の裏に沿いながら緩やかなカーブを描き、もっとも重さが集中する背もたれの部分で板状の後脚と結合し、全体にかかる重さを支えています。それはまるで、機体が両方の翼のバランスをとる飛行機の構造にも似ています。床から少しずつ太さを増していく後脚は、前脚と座面が結合されたところから、今度は上に向かって斜めに細く伸びていきます。脚と座面の構造により、背もたれの角度と位置は自ずと決まる、極めて合理的な構造に基づいています。

1934年、3つの試作品を経て作られたことから、チェアNo.4と名付けられた椅子が作られ、これが後のスタンダードチェアの原型となりました。ジャン・プルーヴェは自身の工房でスタンダードチェアの製作にいそしんでいました。その多くがフレームと脚が金属、座面と背もたれが木材を用いたものでした。まれに全て金属で作られたものや、戦時中、金属が不足していた時代には全て木製のものが作られたこともありました。あらゆる素材のクッションが付いたモデルや、輸送を容易にするために分解が可能な組み立て式のモデルなどが作られた後、1980年代には最後のモデルとなる後脚がアルミニウム製のスタンダードチェアが作られたのです。

ジャン・プルーヴェの作品は、2000年代の初頭までフランス国外においては、建築家やコレクターなどのごく一部の人々にだけにしか知られていませんでした。彼の家具は復刻もされていましたが、その魅力や価値に世間が気付くまでにはもう少しの時間を要しました。

ヴィトラは、20世紀における最も偉大なデザイナーであり、エンジニアの一人であるジャン・プルーヴェを、同時代を代表するデザイナー、チャールズ&レイ・イームズに並ぶ重要な存在であると考えています。ヴィトラデザインミュージアムは、彼の主な作品のコレクションを所蔵しており、2006年には、大規模な回顧展が開催されました。また、2002年から、ヴィトラはジャン・プルーヴェの娘、カトリーヌ・プルーヴェとともに彼の代表的な家具の復刻と製造を始めました。これらの製品は、ヴィトラデザインミュージアムが所蔵する数多くのジャン・プルーヴェの家具コレクションや、パリのポンピドゥー・センターと、ムルト・エ・モゼルにあるthe Fonds Jean Prouvéが所蔵している図面や、ドローイングに基づいて復刻されています。

ジャン・プルーヴェやチャールズ&レイ・イームズなど、ヴィトラが時を越えて愛される名作デザインの現代版を作る理由、それは、本当に良いデザイン、そのデザインの「オリジナル」とは、時代、時代における、最先端の技術をもって、その時代に相応しい姿であるべきと考えているからです。

ヴィトラの創始者、ウィリー・フェルバウムの息子、ロルフ・フェルバウムは、こう語ります。「1981年から、私はジャン・プルーヴェの家具を集めるようになりました。私は特に、彼の製品のなかに息づく、構造に重きをおいたデザイン哲学に魅了されました。彼のデザインは、0から新しいデザインが生み出されるのではなく、過去や従来の優れた技術や構造を徹底的に調査した結果、そのデータの積み上げによって生まれてくるのです。ヴィトラがジャン・プルーヴェの家具を製造する権利を得たときは、それはそれは嬉しかったものです。」

私は建築家でも技術者でもありません。私は工人なのです。
Jean Prouvé

時を越えて愛される名作デザインを受け継ぎ、その作品を現在そして未来へと伝えること。デザインが紡ぎ出されるまでの背景と物語を学び、あらゆるデザイナーのメッセージを広く世界へと発信していくこと。これこそ、ヴィトラが目指す道に他なりません。


Publication date: 20.10.2017
Images: Marc Eggiman; Jean Prouvé archive, Nancy; Fonds Prouvé



Vitra originals and their stories in the Vitra Magazine
「本物」を選ぶということ。それは、物とともにその価値を手に入れ、持ち続けるということです。偽物は、デザインやアイデアの模倣に過ぎず、偽物でしかありません。その違いは、品質や分かりやすい見た目だけでなく、醸し出す気品や美しさといった風格にも現れます。ヴィトラが生み出す製品は、今の私たちの日々の暮らしとこれからの生涯をともに過ごすだけでなく、世代を越えて受け継がれ、遥か遠い未来、世界にひとつしかない「オリジナル」になっているかもしれません。
The Original is by Vitra