Back to the top

.03 / ゼロスリー

Maarten Van Severen, 1998

alt
「ゼロスリー」は主張しすぎない簡潔なデザインのため、オフィスやミーティングエリアに最適です。背もたれと座面は一体型で、インテグラルポリウレタンスキンフォームという弾力性のある樹脂を使用しています。背もたれの内部にはスプリングが埋め込まれているため、座る人の身体に沿ってしなり、とても快適な座り心地です。
vitra_Uni_Rotterdam__16_web_reference
University of Reading_web_reference
DBV Architectenweb_16-9
Schneefernhaus_web_16-9
Teufelhof 2016_web_reference
dva_lokschuppen-mannheim_1388h_web_16-9
コンフィギュレーター
Material description
  • シートシェル:内蔵されたスプリングによるフレキシブルなバックレスト。弾力性のあるポリウレタン インテグラルフォーム シートシェル
  • ベース:バックレッグはスチールチューブ。フロントレッグはアルミ クローム仕上またはパウダーコート仕上
  • グライド:カーペット用プラスチックグライド。オプションでハードフロア用のフェルトグライドを選択可
  • スタッキング:スタッキングまたはノンスタッキング。􀦚置きスタッキングは10􀙭まで、スタッキングドーリーには20脚まで可能
プロダクトファミリー
.03
The aesthetic hallmark of the .03 chair is its sleek, slim shape – a design that can be seen as an expression of the concept 'less is more'. At the same time, the chair is unexpectedly comfortable: made of resilient polyurethane integral foam, the linear shape of the seat shell adapts to the body. When the sitter leans back, the upper part of the backrest yields slightly – a pleasant sensation created by the integrated leaf springs. The extraordinary comfort of .03 is first revealed upon use.
詳細を見る
デザイナー紹介
マールテン・ヴァン・セーヴェレン
デザイナーのマールテン・ヴァン・セーヴェレン (Maarten Van Severen) は1980年代半ばに家具の製作を始めました。 彼のデザインは、シンプルな形と快適性が特徴です。 ヴィトラとの協働は1996年に始まり、「ヴァン・セーヴェレン コレクション」が生まれました。
詳細を見る