Back to the top

Amoebe Highback / アムーべ ハイバック

Verner Panton, 1970

alt
ヴァーナー・パントンによってデザインされた「アムーベ ハイバック」は、「アムーベ」のバリエーションのひとつです。バックレストは頭の上でカーブを描き、屋根のように座る人を包み込み、まるで隠れ家にいるような感覚を与えてくれます。この表現力豊かなフォルムは、空間のアイキャッチとなるため、ロビーやラウンジなどに最適です。
Amorepacific_21Floor_9_web_16-9
Localiza Hertz_web_16-9
DTZ_web_reference
JCDecaux_web_reference
コンフィギュレーター
プロダクトファミリー
Amoebe / アムーベ
「アムーベ」は、1970年に開催された有名なヴィジョナ展のためにヴァーナー・パントンによってデザインされた、ラウンジチェアのバリエーションのひとつです。このインスタレーションは、1970年代初めの豊かなイマジネーションと感性を表現していました。 ゆるやかな曲線を描いた輪郭で、柔らかいクッションをまとい、座る人を優しく包み込む極上の座り心地です。 「アムーベ ハイバック」は、背もたれが屋根のように頭上まで高く伸び、曲線を描いた彫刻的なデザインです。インパクトがある見た目はもちろん、座ってみるとまるで隠れ家のように周りから隔離され、包み込まれるような感覚が特徴です。 どちらのタイプも、豊富なカラーバリエーションの張地を取り揃えています。
詳細を見る
デザイナー紹介
ヴァーナー・パントン
デンマーク人デザイナー、ヴァーナー・パントン (Verner Panton) は、1960年代から70年代にかけ、デザイン界を牽引した重要人物の1人です。 1960年初頭にスイスに移住した後、家具、照明、テキスタイルにおける、独創的で斬新なデザイナーとして世に知られるようになりました。 巧みな色使いは彼の作品の特徴です。
詳細を見る