Back to the top

Living Tower / リビング タワー

Verner Panton, 1969

alt
ヴァーナー・パントンによってデザインされた「リビング タワー」は、有機的で表現力豊かなフォルムの、彫刻のような大型家具です。座ったり、隠れ家のように休んだり、ちょっとした打ち合わせをしたりと、現代のオフィス空間に必要とされるリラックスした環境づくりのために理想的な家具です。この独特なデザインはどのようなオフィス環境においても力強い印象を与えます。
NARODIZKIY1681_web_16-9
コンフィギュレーター
Material description
  • 本体:バーチ プライウッド
  • クッション:ポリウレタンフォーム
デザイナー紹介
ヴァーナー・パントン
デンマーク人デザイナー、ヴァーナー・パントン (Verner Panton) は、1960年代から70年代にかけ、デザイン界を牽引した重要人物の1人です。 1960年初頭にスイスに移住した後、家具、照明、テキスタイルにおける、独創的で斬新なデザイナーとして世に知られるようになりました。 巧みな色使いは彼の作品の特徴です。
詳細を見る