Back to the top

Panton Chair / パントン チェア

Verner Panton, 1999

alt
ヴァーナー・パントンによってデザインされた「パントン チェア」は、待合室やレストランなど、さまざまなシーンにおいて、人の目を惹き付けるデザインです。カラーバリエーションも豊富なパントンチェアは屋外でも使用可能です。
Bibliothek der Universität Konstanz_web_16-9
Lapp_web_16-9
Lapp_web_16-9
コンフィギュレーター
Material description
  • 本体:ポリプロピレン マット仕上。アウトドア使用可
  • 注意:紫外線による退色を遅らせる特殊加工をしていますが、長時間日光に晒すと、時間とともに変色する可能性があります。日光に長時間晒さないようにして下さい
プロダクトファミリー
Panton Chair / パントン チェア
The Panton Chair is a classic in the history of furniture design. Conceived by Verner Panton in 1960, the chair was developed for serial production in collaboration with Vitra (1967). It was the first chair to be manufactured completely out of plastic in one single piece. Since its introduction to the market, it has advanced through several production phases. Only since 1999 has it been possible to produce the chair in accordance with its original conception – out of durable, dyed-through…
詳細を見る
デザイナー紹介
ヴァーナー・パントン
デンマーク人デザイナー、ヴァーナー・パントン (Verner Panton) は、1960年代から70年代にかけ、デザイン界を牽引した重要人物の1人です。 1960年初頭にスイスに移住した後、家具、照明、テキスタイルにおける、独創的で斬新なデザイナーとして世に知られるようになりました。 巧みな色使いは彼の作品の特徴です。
詳細を見る