Back to the top

Panton Chair Classic / パントン チェア クラシック

Verner Panton, 1959/1960

alt
ヴァーナー・パントンによってデザインされた「パントン チェア」は、世界初のプラスチックによる一体成形型キャンチレバーの椅子です。「パントン チェア クラシック」は開発当時のデザインを再現した、表面の光沢が美しいグロスラッカー仕上げです。
コンフィギュレーター
Material description
  • 本体:強化プラスチック
  • 表面:グロスラッカー仕上
  • グライド:フェルトグライドを付属
プロダクトファミリー
Panton Chair Classic / パントン チェア クラシック
ヴァーナー・パントンはミッドセンチュリーのデザイン界において、最も影響力のある人物の一人です。形と色への実験的なアプローチとともに、パントンは最先端の技術やテクノロジー、素材に対して、生涯を通じて強い興味を抱き続けました。パントンの目標の1つは、背座一体型の、快適でどんな場所でも使用できるチェアを作る事でしたが、当時このデザインを製品化できるメーカーはありませんでした。
詳細を見る
デザイナー紹介
ヴァーナー・パントン
デンマーク人デザイナー、ヴァーナー・パントン (Verner Panton) は、1960年代から70年代にかけ、デザイン界を牽引した重要人物の1人です。 1960年初頭にスイスに移住した後、家具、照明、テキスタイルにおける、独創的で斬新なデザイナーとして世に知られるようになりました。 巧みな色使いは彼の作品の特徴です。
詳細を見る