Dynamic Spaces
オフィスでの柔軟な働き方を可能にする可変的な空間「ダイナミック スペース」
従来より、変わり続ける状況に対応するオフィスの柔軟性は注目されていましたが、パンデミックを経た今、その必要性と重要性はさらに高まっています。オフィスにおける柔軟性とは、単にワークステーションを追加したり減らしたりすることではなく、ニーズの変化にあわせてオフィス環境とその機能も適応できることを指しています。

柔軟な働き方を可能にする可変的な空間「ダイナミック スペース」を創ることは、人・場所・テクノロジーを一体化させ、いつ、どこで、どのように仕事をするか、働く人々の働き方をも自由にします。社員にとってテクノロジーはソフトウエアであり、オフィスはハードウエアです。社員がニーズの変化に合わせてオフィスのレイアウトを自由に変更できる「ダイナミック スペース」では、さまざまな働き方に適応し、多目的に使うことも可能です。ワークプレイスをワークショップをする場に、ミーティングルームをウエイティングエリアへと、専門業者に工事を依頼することなくコーストセービングしながら、社員自ら空間を変化させることができます。この「ダイナミック スペース」のコンセプトは、オフィスだけでなく公共スペースや教育施設、医療施設など、あらゆる場所で応用可能です。

Dynamic collaborative spaces

「ダイナミック スペース」は、日々生じるさまざまなコラボレーションワークに対する短期的なソリューションとしても機能します。持ち運びや可動しやすい汎用性のある家具を備えたワークスペースを設け、ミーティングスペースをワークショップへ、個人で集中作業するためのスペースをイベントやセミナーを行うタウンホールへと、ユーザー自らレイアウトを変更し、突然の要望にも迅速に対応可能です。
100平米のオープンなスペースに、キャスター付きのフォールディングテーブル、スタッキング可能なチェアやスツール、可動式のダンシングウォールなど、柔軟性の高い製品が揃えば、あらゆる企業のニーズの変化に対応する可変的な空間をつくることが可能です。

Planning Examples


Dynamic project spaces

「ダイナミック スペース」は、プロジェクトチーム専用のワークショップや作業スペースを設け、数ヵ月にわたって集中的に共同作業するための中期的なソリューションとしても機能します。プロジェクトの段階をおって空間構成を変化させ、それに対応する家具が必要となります。

Introducing Comma

ヴィトラは、従来のオフィスレイアウトに捉われることなく、既存の常識やルールに挑む大胆でクリエイティブな新世代の起業家精神を表現した、オフィス家具システム「コンマ」を開発しました。新世代の起業家たちは、人や物との実際のインタラクションが必要なければ、オフィスで仕事をする必要はないと考えています。また、世界状況が目まぐるしく変化し、賃貸の短期化や契約義務の縮小化など予想だにしない出来事が起こる中、企業のビジネスモデルや社員の働き方、仕事内容も変わり続けていることも理解しています。オフィスは、このような変化に対応しながらも、企業アイデンティティを表現し、社員の帰属意識を高める重要な場であることが求められています。そのソリューションとして辿り着いたヴィトラの答えがコンマなのです。

We are here to assist you.

ヴィトラではオフィス、住宅、公共空間の新しい環境づくりのサポートを行っています。ご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。
お問い合わせ
Featured Products

E-PAPER ISSUE 08

Dynamic Spaces=ダイナミック スペース

最新のEペーパーでは、オフィスでの柔軟な働き方を可能にする可変的な空間「Dynamic Spaces=ダイナミック スペース」をテーマに、この数年間で得た働く環境に関する洞察や気づきとあわせて、オピニオンリーダーである専門家へのインタビューをご紹介します。
E-Paper 08(英語版)のダウンロード

Related Topics

これからの時代、オフィス、公共空間、住宅の環境はどのように変わっていくのか。ヴィトラは、デザイナー、建築家、企業家など専門家を迎え、私たちを取り巻く環境の未来を見据えた考察をニュースペーパーとしてシリーズでご紹介しています。
Classics in the Office