Back to the top

Soft Work

The newspaper about work.

「従来の働く環境は姿を消し、まるでダイニングルームのようになってきています。デスクはその役割を終えつつあり、ノートパソコンや携帯電話などでどこでも仕事ができる現代の私達に必要なのは、一時的に座ったり、仲間とくつろぐことができる場所です。私たちはそう考えています。」

エドワード・バーバー & ジェイ・オズガビー

登録してタブロイド(英語版)をダウンロード

コンピューターの登場は、今日の働き方や働く環境に対して、これ以上ないほどの急速な変化をもたらしました。テクノロジーとモバイル環境の発展により、私達はホテルのロビー、カフェ、空港、さらに公園でさえ働くことができるようになり、今や公共スペースは働く場所へと変わりつつあります。そして同時に、オフィスもまた公共の場に変わりつつあるという逆の状況も生まれています。従業員だけでなく社外の人も仕事をしたり、ミーティングをしたり、ゆっくりくつろいだりすることができるオープンな空間作りに、多くの企業が乗り出しています。特

特定の場所に縛られることのない新しい働き方は、これからのオフィスの在り方を考える上での重要な指針になります。例えば、人間工学的な見地から考えると、ソファは必ずしも仕事をするために作られた製品とは言えませんが、ソファもまた働く場所になり得るのです。

エドワード・バーバー&ジェイ・オズガビーは、ヴィトラとともに、これまでホーム、オフィスそして公共スペース向けのあらゆる製品を生み出してきました。そして、培ってきた経験と知識を活かし、最新の働き方を実現する新しいモジュラーソファシステム「ソフト ワーク」を考案しました。ソフトワークは、ソファがデスクを囲むような従来のデスク中心型オフィスではなく、ソファを中心に据えた新しい働く環境を実現する製品です。