Back to the top

ジョージ・ネルソン

alt

1908年、コネチカット州ハートフォードで生まれたジョージ・ネルソンは、Yale Universityで建築を学びました。 また、1932年から1934年まで、奨学金制度によって、ローマのAmerican Academyで、ヨーロッパの主要な建築作品と、モダニズムの中心人物達について学びました。

ネルソンは1935年から1944年までArchitectural Forumの編集スタッフとして働きました。 家具メーカー、ハーマンミラーの創業者D・J・デ・プリーは、ネルソンが編集した雑誌の、住宅建築と家具デザインに関する記事に感銘を受け、ハーマンミラーのデザインディレクターへの就任を依頼しました。ネルソンはこれを受け、1972年まで務め、その間、自宅やオフィス向けの家具をデザインするだけでなく、 チャールズ&レイ・イームズイサム・ノグチアレキサンダー・ジラードなどにもハーマンミラーで仕事するように働きかけ、アメリカにおけるミッドセンチュリーのデザイン界を牽引する人物のひとりとして活躍しました。

ハーマン・ミラーのデザインディレクターの役割を担いながら、ネルソンは1947年に自身の設計事務所、George Nelson Associatesを設立し、アーヴィン・ハーパー、アーネスト・ファーマー、ゴードン・チャドウィック、ジョージ・チェルニー、ドン・アーヴィンなど素晴らしいデザイナーらとともに、数え切れないほどの製品やオブジェを生み出しました。その一部は、ミッドセンチュリーデザインのアイコンになっています。また、彼は数多くの個人住宅の設計も手がけ、中でも1941年に設計したシャーマン・フェアチャイルド邸と、プレハブ建築と柔軟なフロアプランを用いた、Experimental Houseは多くの注目を集めました。

1957年、ヴィトラの創設者ウィリー・フェルバウムは、ハーマンミラーとヨーロッパと中東向けの家具の製造ライセンス契約を締結しました。ジョージ・ネルソンと、ヴィトラ創業者の息子、ロルフ・フェルバウムとの間には、その後数十年に渡る協働を通じ、揺るぎない友情が育まれました。ロルフ・フェルバウムはネルソンについて、「これほど熱心にデザインのことを考え続けたデザイナーを私は他に知りません」と語っています。ネルソンは自らのデザインに関する考えについて、多くの記事と11冊の本に残しています。近年、Phaidonより彼の文章をまとめたHow to Seeが再版されました。

1986年、ジョージ・ネルソンは、ニューヨークでその生涯を終えました。ヴィトラデザインミュージアムが所有する彼のアーカイヴには、1924年から1984年までの彼の原稿や、ドローイング、写真、スライドなど、約7400もの資料が含まれています。2008年から2009年には、ヴィトラデザインミュージアムで、展覧会George Nelson – Architect, Writer, Designer, Teacherも開催されました。