Back to the top

Organic Highback / オーガニック ハイバック

Charles Eames & Eero Saarinen, 1940

alt
「オーガニック ハイバック」は、1940年にニューヨークのMuseum of Modern Artが主催した「住宅家具のオーガニックデザイン」コンペの一環として、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンによってデザインされた傑作です。「オーガニック チェア」の特徴的なフォルムとコンパクトなサイズ感はそのままに、高めの背もたれと広めの肘掛けを備え、とても快適な座り心地です。オーガニックチェアのシリーズには、オーガニックハイバックの他に、通常の背もたれの「オーガニック チェア」と、テーブルに合わせて使えるよう座面が高めになった「オーガニック カンファレンス」があります。
プロダクトファミリー
Organic Chair / オーガニック チェア
コンパクトで快適な読書用として開発された「オーガニック チェア」は、1940年にニューヨークのMuseum of Modern Artが主催した「住宅家具のオーガニックデザイン」コンペの一環として、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンによって、いくつかのバリエーションがありました。
詳細を見る
デザイナー紹介
チャールズ・イームズ & エーロ・サーリネン
チャールズ・イームズ (Charles Eames) とエーロ・サーリネン (Eero Saarinen) は出会ってすぐ意気投合し、共に新しい家具の形の実験をし、最初の成形合板の家具を開発したのです。 1940年に、彼らはニューヨークのMuseum of Modern Artで開催された、Organic Design in Home Furnishingsコンテストに共同名義としてオーガニックチェアを発表しました。
詳細を見る