Coupe Papier Special_web_sub_hero

Coupe Papier / クープ パピエ

Jean Prouvé, 1938
ジャン・プルーヴェによる、レターオープナー「クープ パピエ」は、フランス人デザイナーの技巧が詰まった製品です。シンプルで人の手になじむ、レターオープナーとしての機能性とオブジェとしてのさりげない美しさを備えています。

プロトタイプであった、オリジナルは、プルーヴェの妻マドレーヌが所有していたステンレススチール製の1点もので、家族で経営する工房によく転がっていたそうです。ヴィトラによる復刻版もオリジナルと同様にステンレススチール製です。
インフォメーション
デザイナー紹介
ジャン・プルーヴェ
ジャン・プルーヴェ (Jean Prouvé) は、生涯を通じ、自身のアイデアを製品化するデザイナーであり、エンジニアであり、また製造も自らの手により行っていました。 彼のユニークな作品は幅広く、レターオープナーからドアや窓の部品、照明、家具、プレハブ住宅、建築モジュラーシステムまで多岐に渡ります。