Back to the top

EM Table

Jean Prouvé, 1950

alt
ジャン・プルーヴェによる「EMテーブル」は、ものづくりにおいて構造に重きをおく、彼の 構造哲学が感じられる美しいテーブルです。天板の素材は、ソリッドウッドまたはHPLラミネートがあり、さまざまな色とサイズから選択する事ができるため、食堂やレストラン、ミーティングテーブルなど、公共の空間にも最適です。
Wertheim Co-Working_web_16-9
Configurator
Table top in HPL (2)
Material description
  • Solid wood table top: 34 mm thick, oiled finish; natural oak, smoked oak or American walnut.
  • Base: bent sheet steel and tubular steel, powder-coated (smooth). Colour options matched to the Standard chair.
  • Veneer table top: 39 mm thick; natural oak or dark stained oak, protective natural lacquer finish.
  • Base: bent sheet steel and tubular steel, powder-coated (smooth). Colour options matched to the Standard chair.
  • HPL table top: 40 mm thick, high pressure laminate surface and edges.
  • Base: bent sheet steel and tubular steel, powder-coated (fine texture). Colour options matched to the Standard SP chair.
Product family
EM Table
フランスのデザイナーであり建築家、そしてエンジニアでもあったジャン・プルーヴェは、1950年に'Maison Tropicale'のために「EM テーブル」をデザインしました。 彼の構造哲学に基づきデザインされたこのテーブルは、細部にわたりその哲学が貫かれています。傾斜のついた脚は天板の下に沿ったバーと連結し、天板にかかる重さを床へ逃がせる構造になっています。これは、一般的に建物のような構造体でしか見られないような仕組みです。
Learn more
This product was designed by
ジャン・プルーヴェ
ジャン・プルーヴェ (Jean Prouvé) は、生涯を通じ、自身のアイデアを製品化するデザイナーであり、エンジニアであり、また製造も自らの手により行っていました。 彼のユニークな作品は幅広く、レターオープナーからドアや窓の部品、照明、家具、プレハブ住宅、建築モジュラーシステムまで多岐に渡ります。
Learn more