Back to the top

Conference Pavilion

Tadao Ando, 1993

1993年、安藤忠雄の海外初建築となる、カンファレンスパビリオンが完成しました。建物の大部分が地下に隠されているような空間構造が特徴的です。特にパビリオンに入るための歩道は、日本の僧院の庭を連想させ、会議前の人々の心を静め、集中力を高めます。また、春には桜が咲き誇るよう、できるだけ多くの桜の木を残すよう設計されました。