Back to the top

Diogene

Renzo Piano, 2013

レンゾ・ピアノと彼の建築オフィスであるRenzo Piano Building Workshopは、6平方メートルの小さな居住スペースの中に生活に必要な最小限の機能を備えた居住ユニット、ディオゲネスを作りました。伝統的な「小屋」を、現代という時代に合わせて再解釈したディオゲネスは、あらゆる種類の建築が存在するヴァイル アム ラインの中で、一番小さな建築物です。この建物は、古代ギリシャの哲学者、シノペのディオゲネ(イタリア語の"Diogene di Sinope")にちなんで名付けられました。彼は、世のなかにある俗的なものは全て無駄なものであると考え、木の樽の中で生活していたと伝えられています。