Back to the top

Freeform Sofa / フリーフォーム ソファ

Isamu Noguchi, 1946

alt

彫刻家イサム・ノグチの感性がストレートに表れた「フリーフォーム ソファ」は、当時デザインされた他のソファとは一線を画すデザインです。自然の造形物のような優雅なフォルムで、オットマンとの組み合わせは、まるで川辺の小石を大きくしたような佇まいです。イサム・ノグチはこのソファに、あえて薄くて軽いクッション材と自然な色味を選び、軽やかで心地よいソファを表現しました。

フリーフォームソファとオットマンは、1950年頃に限定生産され、2002年にヴィトラデザインミュージアムから復刻されるまでは、イサム・ノグチの家具の中でも特に希少価値が高く、手に入れにくい製品でした。このソファは、リビングだけでなく、ロビーやホテル、店舗などでの使用にも適しています。

イサム・ノグチの類まれなる普遍的な才能は、彫刻作品だけに留まらず、舞台セット、家具、照明、インテリア、そして広場や庭園など多岐にわたる作品に見てとれます。彼の作品は自然の造形物を思わせるフォルムが特徴で、1950年代から今日までのデザイン史に影響を及ぼしました。

「私の父、野口米次郎は日本の詩人であり、詩を通して東洋と西洋をつなぐ架け橋のような存在でした。私は詩ではなく、彫刻や造形作品を通して同じことをしたいと考えています。」
―グッゲンハイム奨学金の申込書に記した言葉よりー

コンフィギュレーター
Material description
  • フレーム:ソリッド ビーチ
  • クッション:ポリウレタンフォーム
  • カバー:取外し可能
  • レッグ:ソリッドメープル ナチュラル仕上またはウォールナット ステイン仕上
デザイナー紹介
イサム・ノグチ
アーティストであり、デザイナーとしても活躍した日系アメリカ人のイサム・ノグチ。2002年より、ヴィトラデザインミュージアムとヴィトラは、ニューヨークのイサム・ノグチ財団とともに、彼のデザインの復刻版を制作しています。
詳細を見る