Lampe de Bureau / ランプ ド ビューロ

Jean Prouvé, 1930

ジャン・プルーヴェのデザインによる小型のデスクランプ「ランプ ド ビューロ」。もともとは、フランス、ナンシーの大学都市にある学生寮のホールのために、機能性を重視して考案、設置された照明でした。湾曲した一枚のスチール板により形作られ、パウダーコート仕上げを施したスチールが反射する柔らかな光は心地良くデスク上を照らします。

本体は、ジャン・プルーヴェが使用していたオリジナルの色合いにヒントを得たジャパニーズレッド、ディープブラック、ミントの3色で展開します。
インフォメーション
Products of the family
デザイナー紹介
ジャン・プルーヴェ
ジャン・プルーヴェ (Jean Prouvé) は、生涯を通じ、自身のアイデアを製品化するデザイナーであり、エンジニアであり、また製造も自らの手により行っていました。 彼のユニークな作品は幅広く、レターオープナーからドアや窓の部品、照明、家具、プレハブ住宅、建築モジュラーシステムまで多岐に渡ります。