Back to the top

Dome

after Richard Buckminster Fuller, 1975 / 2000

第二次世界大戦での体験に影響され、リチャード・バックミンスター・フラーは陸軍部隊や負傷兵、避難民向けの家屋として半球型のドームをデザインしました。フレームを形成するアルミのチューブは連結式で、簡単に組み立て、取り壊しが可能です。この構造原理は1954年米国特許を取得しています。

ヴィトラキャンパスにおけるドームは1975年にCharter Industries社によって建設されたもので、トーマス・C・ハワードと協業による製品です。1978年/1979年に、米国デトロイトの自動車ショールームとして使用されていました。そして2000年、ロルフ・フェルバウムはこのドームをオークションで購入し同年ヴィトラキャンパス内に移設しました。現在、このドームはイベント等のスペースとして使用されています。