Back to the top

エマニュエル・ド・ベイザー:ジャン・プルーヴェ製品のコレクターとしての素顔

エマニュエル・ド・ベイザーは、パリとベルリンを行き来するデザイン愛好家です。

「デザインアイテムを集め始めたのは確か20歳のころでした。当時私は、戦後の楽観主義、色彩、デザインの新しさが好きで、アメリカのミッドセンチュリー、チャールズ&レイ・イームズのデザイン、現代的、歴史的な戦後の作品などにまず興味を持ち、その後、フランスのジャン・プルーヴェの世界観に夢中になっていきました。

「建築的なアプローチと金属を使った構造の組み合わせ、それがプルーヴェの一番の面白さです。」
エマニュエル・ド・ベイザー

この時代、人々は世の中が明るい未来に向かうことを願い、前向きになっていました。それがデザインにも表れていると思います。昔からあるものと新しいもの、相容れないように見えるものを組み合わせていくエクレクティシズム、いわゆる折衷主義の実現が一番難しいと私は思います。

プルーヴェの建築的なアプローチは、木や金属などの異なる素材を組み合わせて、そのコントラストを生み出す方法です。彼の家具の多くは、金属のフレームなど、構成主義的な要素を持っています。私は木が好きで、特にセラミックのような他の素材との組み合わせ、そのコントラストが好きなんです。
美しいものや自分のお気に入りのものに囲まれて暮らす毎日は、社会の喧騒に揉まれて帰宅した際、安らぎと静けさを与えてくれます。私たちはグローバル化した社会に生きていて、(コロナウイルスが流行していない限り)人々は常に移動し、人と交流しています。そういったONの状態から帰ったときには、自宅というシェルターのような安全で安心できるOFFの世界を持つことが、これからますます重要になってくるでしょう」。