Cone Chair / コーン チェア

Verner Panton, 1958

Verner Panton has designed a chair especially for the Kom Igen restaurant in Denmark: the Cone Chair. As its name suggests, the body of the chair takes the form of a cone. Standing on its tip, a semi-circular padded shell extends upwards to form the back and armrests, thereby creating a very comfortable armchair. The entire body is covered in fabric and the Cone Chair is supported by a flat, slender four-star base made of brushed stainless steel.
デザイナー紹介
ヴァーナー・パントン
デンマーク人デザイナー、ヴァーナー・パントン (Verner Panton) は、1960年代から70年代にかけ、デザイン界を牽引した重要人物の1人です。 1960年初頭にスイスに移住した後、家具、照明、テキスタイルにおける、独創的で斬新なデザイナーとして世に知られるようになりました。 巧みな色使いは彼の作品の特徴です。