Eames Elephant / イームズ エレファント

Charles & Ray Eames, 1945

1940年代、チャールズ&レイ・イームズは、三次元でプライウッドを成形する技術の開発に数年を費やし、その技術を用いて数々の家具やオブジェを製作しました。頭と胴、2つのパーツを組み合わせたプライウッド製の象のおもちゃのデザインは、アイディアとしては存在していましたが、その滑らかな曲線を表現することが当時はまだ技術的に難しく、製品化には至りませんでした。そのため、当時の試作品はチャールズ・イームズの14歳の娘にプレゼントされ、1946年にMuseum of Modern Artでの展覧会に展示された後は、イームズの家族が保管していました。.
© Eames Office, LLC
© Eames Office, LLC
2007年の限定生産を経て、ついにアメリカンチェリーの合板を使った「イームズ エレファント プライウッド」がラインナップに加わりました。

また、子どものためのおもちゃとしてさらに小ぶりなサイズで多彩な色を取り揃えた「イームズエレファント スモール」も仲間入りしました。
Products of the family
デザイナー紹介
チャールズ & レイ・イームズ
チャールズ & レイ・イームズ (Charles & Ray Eames) は、ミッドセンチュリーのデザイン界を牽引した最も重要なデザイナーです。 彼らの作品は、家具、映画、写真、展示デザインなど幅広い分野に及びます。 どんなプロジェクトにも好奇心や情熱をたっぷり注いだ彼らの作品は、シンプルで機能的、洗練されていながらも遊び心を感じる唯一無二の存在です。