Back to the top

Vitra Design Museum

Frank Gehry, 1989

長年にわたり、ヴィトラは膨大な数の名作椅子や家具を収集して来ました。これらのコレクションを一般公開するために、当初は保存および展示を目的としたシンプルな格納庫のような建物が計画されていました。しかし、フランク・ゲーリーは自身のヨーロッパ初の建築としてそのプランを膨ませ、最終的にはデザインと建築の研究を一般の人々に広める目的をもった、ヴィトラデザインミュージアムが完成しました。

ヴィトラデザインミュージアムの建物は、円錐状の形や傾斜路、立方体のコラージュによるフランク・ゲーリー建築の象徴的なデザインです。その表現豊かなフォルムは決して無秩序なものではなく、必要な機能によるものです。展示スペースは1、2階併せ約700平方メートルの広さがあり、大きな窓から光が明るく差し込みます。

ヴィトラデザインミュージアムは世界でも有数のデザイン博物館のひとつであり、デザインに関わる企画はもちろん、建築とアートに関連する大きな展覧会を年2回開催し、並行して小規模なイベントが展示スペースに隣接するヴィトラデザインミュージアムギャラリーで開かれます。展示会は著名なデザイナーとの共同企画により、テクノロジーやサステイナビリティ、モビリティといった現代社会に深く関わったテーマを主に扱っています。また歴史的な観点に焦点をあてたり、デザイナーや建築家をテーマとするものもあります。

チケットの購入
ヴィトラデザインミュージアムの詳細についてはwww.design-museum.de.をご確認ください。