Tabouret Haut / タブレ オウ

Jean Prouvé, 1942

For the design of Tabouret Haut, Jean Prouvé drew on a traditional type of bar stool that is still in common use today: a thin round seat resting on top of four long, canted legs. A ring is mounted to the inside of the legs at about a third of their height from the floor, increasing the rigidity of the construction and also serving as a comfortable footrest. Prouvé's interpretation of this classic type is distinguished by its simple, unpretentious appearance, lucid structure and harmonious proportions.
インフォメーション
Products of the family
デザイナー紹介
ジャン・プルーヴェ
ジャン・プルーヴェ (Jean Prouvé) は、生涯を通じ、自身のアイデアを製品化するデザイナーであり、エンジニアであり、また製造も自らの手により行っていました。 彼のユニークな作品は幅広く、レターオープナーからドアや窓の部品、照明、家具、プレハブ住宅、建築モジュラーシステムまで多岐に渡ります。