Back to the top

Factory Building

Álvaro Siza, 1994

アルヴァロ・シザによってデザインされた大きくてシンプルなレンガ造りの建物は19世紀からある工場や、焼失した生産工場を偲ばせます。この建物で最も目を引くのは隣の建物へと繋がる湾曲した渡し屋根です。この屋根はザハ・ハディド設計の ファイヤーステーションの景観を妨げないよう普段は高い位置に設置されており、雨の際には自動的に降下し、ニコラス・グリムショウのファクトリービルディングに向かう物流車両を雨から守るしくみになっています。