Back to the top

Dancing Wall / ダンシング ウォール

Stephan Hürlemann, 2018

alt

多くの企業は、ビジネス環境の急速な変化に対応するアジリティ(機敏性)が求められ、組織体制の改革、さらにアジャイルなプロセスに対処できるワークプレイスが必要とされています。ユーザー自身が簡単にレイアウト変更できるモバイル式パーテーション「ダンシング ウォール」は、新しい働く環境への解決策となりえる製品です。

ダンシングウォールは、オフィス空間を柔軟に仕切れるだけでなく、自由な使い方ができるモバイル式パーテーションです。本体のフレームに、取り外し可能なホワイトボードやファブリックパネルを組み合わせたり、シェルフやレールを取り付け、本棚、モニタースタンド、クロークとして、また植物をあしらうなど必要に応じてカスタマイズできます。

本体はアルミダイキャスト製のベース、無垢材の木製パネル、スチール製のフレームで構成され、安定感がありながらも高い可動性を備えています。ダンシングウォールの多様な組み合わせにより、無数のレイアウトが可能となり、チームの規模や空間の用途の変化に合わせて、速やかに対応できます。

ダンシングウォールは、変化し続ける現代の働く環境に最適なオフィスシステムです。

デザイナー紹介
ステファン・ヒュルレマン
ステファン・ヒュルレマン(Stephan Hürlemann)は、チューリッヒに自身のスタジオを設立し、家具やプロダクトのデザインからインスタレーション、インテリアにいたるまで、多岐にわたって国際的に活躍する建築家でありデザイナーです。2017年よりヴィトラと協働して家具の開発を手掛けています。
詳細を見る