Back to the top

ヴィトラは、昨年10月に実施した2日間にわたるデジタルサミット Vitra Summit(ヴィトラ サミット)に続き、今年は90分間に凝縮した新しいデジタルトークイベント Vitra Sessions(ヴィトラ セッションズ)を4期にわたりシリーズで開催します。昨年のパンデミック後、個人や企業の行動や働き方、暮らし方が大きく変化し、現在直面している課題について、各回ごとに掘り下げていきます。オピニオンリーダーであるデザイナーや専門家、経営者をゲストに迎え、それぞれのテーマに関する最新の研究やベストプラクティス、そして製品のニュースを織り交ぜ、皆さんのインスピレーションとなるような情報をお届けします。

3月11日 (木)に開催したVitra Sessions 第1回目では、「Distributed Work=分散型ワーク」をテーマに、これからの働き方について様々な視点で掘り下げていきました。完全リモートや、オフィス勤務のみという働き方ではなく、出社とリモートを併用するハイブリット型「Distributed Work=分散型ワーク」と、それが企業や組織にもたらす影響について考察しました。

Vitra Sessions第2回目は4月22日(木)、「Home Dynamics=新しい住まいの在り方」をテーマに開催。パンデミックの影響によりリモートワークが大幅に増えたことによって、住まいや暮らしに激変をもたらしました。このデジタルトークイベントでは、このような新しい変化に対応するこれからの住まいの在り方を議論します。

Home Dynamics=新しい住まいの在り方

Vitra Session #2 - 4月22日(木) 日本時間17:00 – 18 : 30

この1年ほど、私たちの住まいや暮らしが激変した年はありませんでした。外出自粛を余儀なくされ、自宅は安全な避難場所であるとともに、オフィスや学校、遊び場やジム、レストランや映画館としての機能が求められました。今後、ますます多くの企業が、出社とリモートのハイブリット型「Distributed Work=分散型ワーク」を選択し、フルタイムであろうと週数日であろうと、自宅から仕事をする人の割合はさらに増加すると予想されます。私たちの住まいは、こういった新しい動きに対応していかなければなりません。

社会の変化には、デザインで応えていく必要があります。昨年、世界中で強制的に行われたリモートワークの実験から、私たちは何を学んだのでしょうか? デザイナー、建築家、家具メーカーとして、私たちの課題は、限られたスペースを最大限に活用しながら、安全性と心身の健康、そして暮らしのクオリティを両立する「新しい住まいの在り方」を創り出すことに他なりません。

詳しくはこちら

Agenda

新しい住まいの在り方
この1年、私たちは、かつてないほど自宅に多くの機能を求めてきました。一つ屋根の下で、家族全員が学び、仕事をし、運動、食事、エンターテイメントまで。そして今後に向けて多機能な新しい住まいの在り方を見つけ出すことは私たちの共通の課題です。

登壇者:Nora Fehlbaum
新たな暮らしに向けて 歴史からの洞察と住まいへの影響について
過去を振り返ると、パンデミックがデザインの新時代を切り開いてきた事実があり、モダニズム建築の多くは、前世紀に起こった結核の大流行が影響しているとも言われています。今後、私たちの住まいは具体的にどう変わっていくのか、具体的な事例を見ながら掘り下げます。

登壇者:Mateo Kries, Oona Horx-Strathern
これからの家のための 色と素材、そして家具とは
住まいのインテリアには、そこに住む人の歴史や個性が反映されます。ヴィトラでは、インテリア空間は「コラージュ」することによってより豊かになると考えています。これは、過去のものと最新のもの、ハイテクとアナログ、名作とコンテンポラリーなものを組み合わせることで、空間がいきいきと自分らしく心地よくなるという考え方です。ヴィトラのチーフデザインオフィサーであるクリスチャンが、コラージュされた実在するインテリア事例をご紹介します。

登壇者:Christian Grosen Rasmussen
自宅から仕事をする一日
優れたホームオフィスは、実際の仕事の生産性、そしてモチベーションを高めてくれます。ヴィトラのクリエイティブディレクターであるティル・ウェーバーが、ホームオフィスのための空間事例をご紹介します。

登壇者:Till Weber
デジタル環境からのマインドリセット
この1年で、ビデオ会議という新しいツールを使いこなし、私たちは、友人や家族、同僚と交流したり、どこからでも仕事をすることができるようになりました。これはポジティブな側面がある一方で、マイナス面もあり、常にオンラインモードでいる場合、精神面への影響が懸念されます。

登壇者:Esther Perel
自分らしく健康的な暮らしとは
日々、忙しく仕事や生活をし続ける私たちにとって、健康を維持するための日課はとても重要です。気分転換や休息、休暇を取ることは、心と体の健康を育むために欠かせません。このコーナーでは、ハピネスコンサルタントのサマンサ・クラークが、健康的に自宅での生活と仕事を両立させる方法をご紹介します。

登壇者:Samantha Clarke
住宅建築とインテリアデザインへの影響
この数ヶ月間で、柔軟に間取りが変更できるなど、フレキシブルなデザインの住宅には、家族構成や働き方の変化にも簡単に対応が可能であるという明確な利点があることが証明されました。同時に、今後、空間に新しい機能が必要とされています。これは、自宅の建築やインテリアデザインにどのような影響を及ぼすのでしょうか?

登壇者:Monica Khemsurov


登壇者

  • Christian Grosen Rasmussen, Chief Design Officer, Vitra
  • Esther Perel, Psychotherapist & Host of Where Should We Begin? and How's Work?
  • Mateo Kries, Director, Vitra Design Museum
  • Monica Khemsurov, Co-founder, Sight Unseen
  • Nora Fehlbaum, CEO, Vitra
  • Oona Horx-Strathern, International Speaker & Author
  • Samantha Clarke, Happiness consultant & Founder, Love It or Leave It
  • Till Weber, Creative Director Scenography, Vitra


Vitra Sessions

Vitra Sessionsは、オフィス・自宅・公共の空間がどのように変化すべきかを探っていく、新しいデジタルトークイベントのシリーズです。これからの働き方・暮らし方を考える上で役に立つ、専門家によるトークやディスカッションをはじめ、デザインや新製品にまつわるトピックをご紹介します。ヴィトラは家具メーカーという枠を超え、先進的でクリエイティブな洞察を広く届けていきます。この一年間で培ってきた私たち自身の知見や実例を掘り下げ、共用する空間の本質に迫ります。

現在、多くの人にとって、リモートワークが当たり前になりつつあります。自宅から個人での仕事は効率的にできるものの、同僚や上司、ビジネスパートナーと有意義な交流をしたり、企業文化を体現する場であるオフィスの重要度はますます高まっています。

オフィスは、もはや単に仕事をこなす場ではなく、人と人とのつながりを築き、ユニークな企業文化を伝え、その結果、社員が会社への帰属意識やアイデンティティを感じるために大切な場です。外出自粛の期間を経て、人と人とのコラボレーションやコミュニケーション、そして偶発的な出会いを可能にする機能的なワークスペースが、かつてないほど求められています。

これからのオフィスには、新たな社会に応じた機能が求められます。安全を確保するため物理的な距離を保ちながら社員同士のコラボレーションを促進し、クリエイティブに働くことができるという、その場に行く動機や、満足度に欠かせない場にすることが重要です。

今求められるのは、オフィスだけでなく組織の在り方の両方を再考すること。これまで通りのインテリアやグリッド状に配置された固定席、凝り固まったルーティーンから脱却し、今後はどんな変化にも素早く対応できる、アジャイルな製品を使った空間、オフィスからでも自宅からでも生産性とクリエイティビティを育むことのできる柔軟な環境作りが鍵となります。


E-Paper Issue 05

「Distributed Work=分散型ワーク」とは

ここ1年のリモートワークでの経験は、多くの企業や個人が最適なワークモデルとは何かを考えるきっかけを与え、私たちは今、その解決策を探っています。今後の働き方として出社とリモートのハイブリット型「Distributed Work=分散型ワーク」を選択した場合、完全リモート型かハイブリット型かという形式に関わらず、オフィス、住宅環境に大きな影響を及ぼすでしょう。

最新のE ペーパーでは、ヴィトラの経験や計画を踏まえた洞察とあわせて、オピニオンリーダーである専門家、経営者、企業による最新の研究やベストプラクティスをご紹介します。

Eペーパー(英語版)をダウンロード

関連情報

これからの時代、オフィス、公共空間、住宅の環境はどのように変わっていくのか。ヴィトラは、デザイナー、建築家、企業家など専門家を迎え、私たちを取り巻く環境の未来を見据えた考察をニュースペーパーとしてシリーズでご紹介しています。